スポーツ - パラシュート。

  • どのようなスポーツ
  • スポーツの歴史
  • プロのスポーツ
  • 運動の重要性
  • スポーツの教育機能
  • スポーツの分類
  • オリンピック
  • 日付オリンピック
  • 個人:
  • 登山
  • バドミントン
  • ビリヤード
  • ゴルフ
  • タウンズ
  • クロケット
  • 馬術の
  • 卓球
  • テニス
  • チェス
  • チェッカー
  • チーム:
  • サッカー
  • バスケットボール
  • ベースボール
  • 水球
  • バレーボール
  • ハンドボール
  • カーリング
  • クリケット
  • ミニサッカー
  • ラグビー
  • サッカー
  • Footballtennis
  • アイスホッケー
  • サイクル:
  • バイアスロン
  • サイクリング
  • ローイング
  • クロスカントリー
  • 陸上競技
  • 水泳
  • トライアスロン
  • ショートトラック
  • 技術的なスポーツ:
  • モータースポーツ
  • ジェットスキー
  • ボブスレー
  • 水上スキー
  • ゴーカートレース
  • Radiosports
  • アーチェリー
  • 射撃スポーツ
  • 格闘技:
  • 合気道
  • ボクシング
  • 柔術
  • パンクレイション
  • タイのボクシング
  • 空手
  • キックボクシング
  • テコンドー
  • 武術
  • フェンシング
  • レスリング:
  • グレコローマンレスリング
  • レスリング
  • サンボ
  • 柔道
  • 相撲
  • Slozhnokoordinatsionnye:
  • ウインドサーフィン
  • ウェークボード
  • パラシュート降下
  • 水の中にジャンプ
  • スキージャンプにジャンプ
  • サーフィン
  • シンクロナイズドスイミング
  • スケートボード
  • スノーボード
  • スポーツアクロ体操
  • 体操
  • フィギュアスケート
  • フリースタイル
  • 新体操
  • エンデュランススポーツ:
  • ボディービル
  • パワーリフティング
  • 重量挙げ


  • パラシューティング。

    Advertising:

     

    スポーツ - パラシュート

    パラシュートの最初の形成:

    日付:1972年1月16日
    場所:ペリスバレー、カリフォルニア州
    ツインビーチ1とC-206の2倍
    ドロップ高さ:14500フィート
    拡張高さ:3000フィート
    主催:ジェリー·バード。

    1月の第72回では、ジェリー·バードは、友達と一緒に大きな建物からレコードジャンプの可能性議論「星を。 " イベントの日付は1月15〜16に選ばれました。 それから彼は、ジェリー·ケルマーン所有する空港ペリスバレーに連絡し、最も近い週末に、後者の同意から受け取った。 ケルマーンは、2つの航空機ブナと1のC-206を提供した。 また、パラシュートは割引を付与された。 毎日3ジャンプを計画した。 鳥は午前中8-30に南カリフォルニアから25〜30空挺部隊から招聘。

    スピーチは15空挺部隊を開始しました。 その後、形成の保持時間は本当に重要ではありません。 午前10時、22選手が参加し、バードは22ウェイの形成、トンを収集することにしました。以前の記録は21最初のジャンプは豪華だったした。。 全て22パラシュートが来て、6秒間のスターを開催しました。 があり、いくつかの厳しいアプローチがあったが、全体的には良かった。

    第二のジャンプは、より印象的でした。 25ウェイの形成予定。 予備パラシュートをつかんで、リード航空機の第二の出てきたジョイ·フォーク、で上昇中。 彼はそれを拾って、コックピットに向かって移動。 予定通り残りのパラシュートを分離した。 スターは厳しいの後、後続のキャプチャで数12ずさんなアプローチでパラシュートまで細かい起こっていた - と星が馬蹄のような形の図に形質転換した。

    ビルStedzhはシーンにvspuh、生じた隙間を取った。 時間の拡張が近づい空挺部隊の1 - 23人のスターを集めた。 空挺部隊はちょうど他の二つの22ウェイ«スター前後して構築されたように、ジャンプナンバー3には期待された。 " このとき、星が遅くなるつもりだった。 わずか21選手は長い間保持されているずさんな「星」を形成するようになった。 日のパラシュートの終わりにジェローム·カーンと彼の妻の礼儀はシャンパンで大きなパーティーがあった。

    最初のジャンプ日曜日の間に、大きな期待を完全に空挺部隊のグループは、26ウェイを収集しようとしました。 オーバーロード飛行機は長い登りを引き起こした。 のみ12500フィートに到達することができた。 航空機内では、それは分離が長くかかった、大混乱だった。 スター8から収集した。 スターの後、近くに配置された別の13歳の空挺部隊によって補完されました。 これは、脱同期、開口部と着陸を行った。 空挺部隊のグループ、思い出したかのように、このジャンプ」ささやかな、男の子。 "

    飛行機は、より高さを取得する可能性がありますので、鳥は、離陸から2選手を削除しました。 10空挺部隊は、スレーブのリーディング面と11で撮影された。 これを行うには、14500フィートにジャンプアップ。 支店が順調に進んだ。 クルーガー兄弟はすぐにベースを集めました。 14の下で星をキャッチしようとせずに。 サム·アレキサンダーは、カメラが並ぶと形成に彼の場所に行ったときながら、「呼吸」するためにわずかにスター。 次の3つの空挺部隊は何の問題もなく来た。 チャックは、ハード上がってきた内部のスターの片側を押した。 すべては、星を保持し続けた。

    アプローチバードの間に彼女が揺れ。 次の二つの問題なく思い付いた。 スティーブは、いくつかのトラブルがあったが、彼は正常に停止し、その場所に立っていた。 その後も黒騎士として知られるウォーレンは、3800フィートの高度で星をロックされています。 スターは3000フィートの高さに保った。 空気と地上の聴衆の中にパラシュートの叫び声や泣き声を聞いた。 24ウェイ - それは新記録だった。 彼らは前日セット22ウェイ記録を超えた。 最後のジャンプでは25ウェイを収集するための試みであった。 このときのジャンプはスムーズに行っていない。 わずか15の方法を収集した。 拡張選手は約7000フィートの高度で始まった。

    パラシュートの種類。

    エクストリームスポーツ - 人間の活動であり、能力とスキルは、この活動が安全であること、必要なレベルを下回っている。 それは、ほとんど飛ぶものではありませんそのうち重さを感じ、ハード着陸し、18ポンドのリュックサック水陸両用モンスターを忘れていますし、生活する必要はありません。 トレーニングの不要週となり、今日の空挺部隊での800メートルの高さが笑える。 "翼" - パラシュートの新世代の特徴は、完全に自分の名前を正当化する。 エリア - 8.6メートル。 3秒、スピード - - 100キロの\ hまで最大180度回転しながら、M、。

    そして、最も重要な - レア "神童"は、管理する方法を学習することができません "翼"を もののは、別にスキルから、パラシュートの両方文字通りと比喩的に存在することが望ましい地味なヘッドである。 パラシュートの最も古いタイプ - 着陸の精度にジャンプ。 それでも、60年代に、最初のランラウンドパラシュートが登場し、着陸の精度にジャンプするとき。 当時、タスクが80メートルのずれが良い結果であった100メートルの円、に着陸しましたが、今では0インチであるか、または彼らが言うように - 「ゼロ」。 今日着陸の精度のための特別なパラシュートがあります。

    パラシュートの一種であるフリーフォールは長い間、同じように見えただけでなく、精密着陸にジャンプ。 上のジャンプした場合 - 自由落下に流れるようにあなたの体を制御する能力 - ドーム、アクロバットを制御する能力である。 水平面内で彼の体をコントロールする能力(旋回)、垂直面内での回転(フリップをやって)。 20年以上にわたり、これらの演習は、国際および国内競技会の基礎となった。 その後、この組み合わせは、「古典的なパラシュート」と呼ばれています

    スカイダイビングの形成は現在、ウクライナで、世界の両方でパラシュートの中で最も一般的な分野です。 年代初頭以来、人々の小さなし、すべての大規模なグループは、空気中で一緒に飛んで、お互いの足と手を取って、自由落下中にさまざまな図を構築し始めた。 まずそれがスターの通常のラウンドだった。 そして、これらの図はますます困難になった。 ジャンプや落下の増加高さ。 競争力のあるプログラムを開発しました。

    CRWはパラシュートの中で最も壮観な景色の一つです。 ドーム愛好家の形を構築するための最初の試みは、別のラウンドパラシュートを行います。 パラシュート翼ファンタジー愛好家の出現により実施されている。 アスリートは、図を構築し、グリップドームやスリング腕と足を運んで、さまざまな再構築に開示されるパラシュートを行った。

    Skayserfingは - パラシュートの一形態である。 それはすべてフランスの落下傘兵ジョエルCrusianiが(ボードフィート上すなわち、。E.立ち)彼女の位置のサーファーの上に立って、ボード上の最初のジャンプをするという事実を始めています。 彼はサーフィンのために普通の水のボードを使用(!)は、スノーボードにマウントし、定義されます。 まずボード上のジャンプパラシュートをもたらす近代的なポーズ秋skayserferaのようだった!

    スポーツとしてフリースタイルときは、このスポーツの最初の競技、1990年に開発を始めた。 もちろん、それはアマチュアのジャンプのように、それはいくつかの愛好家だけで腹に落ちないようにしようとに興味を持つようになった80年代、以来存在していた。 愛好家のフリースタイルのエネルギーと情熱のおかげで動きで自分を表現するために、人の無限の可能性を示している。 空気中では、すべての芸術運動の価値の評価に働いた。

    フリー·ザ·フライは、スポーツとして、ほとんど最近立場を取る。 2000年11月、Eloe(アリゾナ州、米国)friflayu上の第1カップだった。 90年代初頭の他のスカイダイバーが、この方向は、オラフと平行で探求し始めたが、創設者friflayaは、オラフZipsterです。 自由愛好家の95〜98年の間に、すでに、その場をsitflayホッピング座り込み、その場でジャンプ特別なオーバーオールを持っていた。

    誰が世界的にウクライナとの方向で最も進歩的である。 ウクライナでは、自由にその場でジャンプするための安全規則に沿って、自社の機器かどういっそう空挺部隊は、株式flaemに従事されることになるかもしれません。 2002年、第2回ワールド·エア·ゲームズ上の年は、グラナダ(スペイン)市で開催された、自由ハエは芸術グループの方向でパラシュートのセパレートタイプを務めた。

    急襲 - 着陸、地上に長いスパンを。 高速楕円形ドームの出現で登場し、高速なアプローチを構築する可能性と地上飛行。 この規律のために、いくつかのメーカーでも、特別なドームを作る。 地面にこの高度に技術的な加速ドーム。 急襲のほか、ドー​​ムアクロバットは、最も危険なの一つですが、スカイダイビングで同時に壮大な規律で。 と精度の点で - 1999年以来、競争がスピードと飛行の長さと水の上に競技中に保持される。

    パラ - スキー - あなたは名前から考えるほど、いや、それはスキーでジャンプないです。 これは選手が最初の精密着陸のためスカイダイビングの複合イベントです - 古典的なパラシュート、競争の第二部は、スキーで一定の距離のためのレースです。 大会は、パラシュート、このタイプは精密着陸にジャンプでの競争があった時点で実施し始めました。 パラシュート競技のこの種は、それは今です。

    BASEジャンプ - それだけで心理的なスポーツパラシュートよりもだ。 ( - 法と秩序の守護者の言葉から公共の秩序の違反)より非公式かつ違法に行わジャンプの半分以上。 これは、静的オブジェクトからジャンプします。 BASE - 4ワードの削減、を意味するのロシア語翻訳:高層ビルや高層ビル、塔やアンテナ、高橋や崖。

    Parabaluning - それだけで自己の利益のためにボールを持ってジャンプしないです、バイアスロンのスポーツの一種である。 - 160のテープ長と'70で彼女の体重に取り付ける小型の軽量化、落下傘兵、2人のチームパイロットがマーカーだけでなく、目標を達成する必要があり、以下のような作業である。 これを行うために、パイロットは、2つの条件-letet可能な限り低く、しかし千メートル以上を有している。 トン。へ。パラシュートをジャンプする高さを必要としています。 月、2003年。 ウクライナはフェオドシヤ、クリミアの最初のカップparabaluninguた。

    ブレードランニング - パラシュート、規律の急襲にいくらか関係している。 先のように、90年代初頭に開発を始めた。 低高度から飛び降り、このスポーツでは、あるいはまったくジャンプし、その主な目的はありません - 可能な限り飛ぶこと、離れて0.5〜2メートルの距離に保ち、丘を下って飛ぶために、100キロの同じ平均速度でのフラグと発展の間で操縦/時間。

     








  • スポーツトレーニングシステム
  • スポーツトレーニングの特徴
  • 運動能力を測定する機能
  • スポーツの成果に影響を与える要因
  • アスリートの心理的準備
  • 心理的なトレーニングアスリートの方法
  • 健康的な生活のイメージ
  • 最も簡単な勝利-勝利
  • スポーツダイエット
  • 運動後すぐに食べてはいけない
  • 水はどのようなを選択する
  • ヒント栄養士
  • 牛乳、カルシウムや身体的ストレスについて一言
  • 肉体と精神の連合
  • あなたの適性を選択してください
  • 40後のフィットネス
  • 心でランニング
  • 心と泳ぎ
  • 賢く訓練
  • 自由に呼吸する
  • 自宅で筋肉
  • ジムは、健康に有害ですか?
  • 美しい姿の美しい開始
  • 健康の道
  • 物理培養医学
  • 何が物理的な運動を発生します
  • 心拍数
  • 力に対して耐久
  • 武道の分類
  • 選択肢-それは非常に重要である
  • 若い男の注意事項
  • 中年の人のための注意事項
  • 高齢者のための注意事項
  • 効果的なプログラム
  • 初心者のためのエクササイズ
  • 縄跳び
  • その他のエクササイズ
  • あなたが実行することはできません-散歩を
  • 良い習慣を養う

  • ©2009 Mirsporta.tcoa.ru
    ソースへのサイトの材料基準を使用している場合!